« あっけら菅 | トップページ | マグニチュード »

2011年7月15日 (金)

三浦半島断層群地震発生確率↑

先日、国の地震調査委員会から、先の大地震以来、地震の発生確率が上がった断層として、三浦半島断層群が挙げられた。

三浦半島で住職((-人-)ナームー..)しているものとしては気になる。
東日本のどこで地震が起きても不思議ではないといわれていても、すぐ近くの断層の地震発生確率が上がったといわれては、穏やかでない。

大地震で東日本の陸地が太平洋側に大きくズレたが、余効すべりといって、地震波を出さずにズリズリと太平洋側にズレているのである。そういうことが関係しているらしい。

国の活断層の評価を見ると、三浦半島断層群は発生確率の高い部類に評価されている。
その表を見ると、何と同じく高い部類に十日町断層帯というのが入っていた。
退路も断たれたな。。。

|

« あっけら菅 | トップページ | マグニチュード »

地震関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三浦半島断層群地震発生確率↑:

« あっけら菅 | トップページ | マグニチュード »